大人ニキビについて

中学生や高校生の頃、ニキビが気になっていた。白い肌の中に、突如ぽつんと現れる赤いもの。

周りの友達に、ニキビを見つけられるのが恥ずかしくて、なんとかしてなくそうとした。潰そうと必死に引っ掻いたこともあったっけ。そんな少女時代を経て大人になった私だけれども、25歳を過ぎたあたりで、再び赤いものが現れた。

最初は、食生活の乱れからできた吹き出物かな?と思った。

アスハダの効果を徹底検証!購入して3ヶ月使用したアラサー女子の口コミ&評価!

しかし、赤いものが現れた箇所は、唇の付近ではないし、どうやら違いそうだ。そのとき、どこかで耳にした、”大人ニキビ”という言葉を思い出した。これはもしかして、大人ニキビではないか。ニキビはもう無縁のものだと思っていただけに、再びあの赤いものと対峙しなければならないかと思うと心が痛む。

何より、自分の肌が傷ついている姿を見ることが辛くて仕方がない。けれど、かつてもニキビに悩まされていた。だからこそ、ニキビに下手に触ってはいけないことは分かっている。いつも以上に保湿に気を遣って、アクネケアのクリームを塗って…。「今日こそニキビを消えてくれ」と思いながら、日々過ごしていると、気づいたら消えていた。

ようやく平和な日常が訪れた、そう思うと、何か月後かには、またニキビができているのだ。大人ニキビとの闘いはいつになったら終わるのだろうか。