詰まっているものはたまに押し出したくなる?角栓の変な魅力?

鼻の角栓は見た目も良くなく、対処して無理に押し出すと余計に毛穴を押し広げるか、傷つけてしまう厄介な物。と、頭では分かっているのに人によっては押し出したい欲求に駆られるのではないでしょうか。

対処法を求めて様々なサイトを見るついでに、動画サイトで検索すると真っ先に出てくるのが角栓除去動画……。最初はそういうのを求めているんじゃない!だったんですが何かイケないと思いつつ見てしまうと、指やピンセットで角栓をスポッと抜き取りポッカリと空いた毛穴の爽快感と気持ち良さたるや。ああいう動画は謎の中毒性があるので危険ですね。

ととのうみすとは販売店で市販されている?

で、鏡をみたときに鼻に大きい角栓見つけると、つい押し出したい衝動に駆られることがあります。しかしそれをやってしまうと後々が厄介なのは分かっているので、グッと堪えて入浴時の洗顔まで耐えてやり過ごします。なんですが、入浴後に見た鏡で洗顔で取りきれていない角栓の悲しさ。

そこでもなんとか堪えて保湿で終わらせたこともあるんですが、時に角栓の大きさを見ると無意識に手が鼻に行き押し出したことがありました。その時の角栓の大きさ!そして空いた毛穴のポッカリ感具合!あとのダメージが大きいとわかりつつも、その時の変な感動と爽快感はクセになってしまいます。

その後我に帰り、急いで保湿してもなんとなく虚しさがあるので、早く毛穴なくしたいなと日々思うばかりです。