ドライヤーの冷風でさらさらヘア

ドライヤーは温風ばかりを使ってきましたが、実は冷風をうまく使い分けることで、かなり髪の毛にとって効果的な使い方をすることができるということで、最近よく冷風を使っています。

ドライヤーの温風である程度乾かしたら、もしくは温風で髪の毛が熱くなったら、ドライヤーの冷風にボタンを切り替えます。そうすることで、髪の毛への熱のダメージをおさえることができ、また髪の毛の乾燥を防ぐことができると言います。

http://grapefulpalatewines.com/

また、ドライヤーをしながらブラッシングをしてヘアスタイルをキープさせたい時も、最後に冷風で形をキープさせると、ヘアスタイルが長持ちします。
この方法は、プロの美容師さんたちが、よく美容室でやってくれる方法なのですが、ちゃんとこういった意味があってのことでした。これをうまく家でも取り入れて行えば、サロンの帰りのようなツルツルさらさらのヘアスタイルになれるということです。

どうしてもドライヤーは、髪の毛のパサつきやパラパラとしたまとまりのなさがイヤだったのですが、冷風をうまく使い分けることで、かなり髪の毛の負担を減らし、乾燥も防ぐことができていると思います。ドライヤーの使い方ひとつでも、かなり髪の毛を労ることができるので、上手く使っていきたいです。