ショッキングすぎる白髪頭…

「記念写真を撮りますから」と期待を胸に指定された場所に並んだ。「笑顔でー」と言われたので素直にはにかみながらめいっぱい笑顔をつくった。自己満足であるがおそらくとてもいい表情である。30名程度の集合写真である。年齢構成も若い子から年配までの集団である。さて、写真であるから結果は当然視覚化される。記念写真が配付され、自己満足の笑顔がどこにあるかと探す間もなく白髪頭がそこにあった。

ボタニカルエアカラーフォームの効用とクチコミ

探す以前に目立ってしまう白髪の頭、くしをとおしてお目いっぱいおめかししたつもりであったが、現実を目の当たりにすることになった。自分が思っている以上に更けてみるのはなぜだろう。気分的には20代の子と恋愛話も苦なくできるつもりでいるのに。見た目って大事だなと痛感させられた。近隣の肌に、白髪とともにパサついたうるおいのない感じの頭髪が古びたさを醸し出させてしまっている。着ているスーツがかえってギャップを生む。黒から白へ。

白髪のロマンスグレーなんてあこがれていた頃もあったが、これが現実かあと落ち込んでしまった。記念写真の一角を切り取ってほしいと思う。ただ、白髪だけなのに。思い切りつくった笑顔とはうらはらの沈んだ気持ちをこれからどう取り繕えばいいのだろう。