安!皮膚科で美白 シミとりはやっぱり皮膚科へ

コロナ禍でマスクをしないなんてありえない世界になってくれたおかげで、心置きなくしっかりシミ取りができました!

その方法を大公開。

よくある美白商品の宣伝ではありません。どうぞシミで悩む多くの皆様に、マスク社会を上手に利用しましょう。

若い頃はサーフィンを極めたいと、ハワイまで留学して波乗り三昧、波乗りしかしないような人生を送ってきました。

16才から始めて48才の今現在も家族で楽しんでいます。

しかし、たまりにたまったシミが、とうとう色濃くなって、友達には「あ~老人シミね(笑)」と笑われる始末、、。

自業自得と言えばそれまでですが、人前に立つ仕事をしてるもんですから、やっぱり消したい!!

毎日鏡を見るたびに悲しくなっていました。

そこで、よくあるシミ消しブログを読み漁りましたが、やっぱり高価な化粧品にたどり着く。

薬局ではシミ取りクリームも飲み薬もサプリメントも、そんなに高額でなければ片っ端からかって試していました。

そんなことを初めて5年くらいたった去年、コロナウイルスの蔓延で世界中がマスク必須社会になったんです。

マスク社会になって仕事が長期休みになって、サーフィンも自粛せざる負えなくなったある日、鏡の中のマスクをつけた自分をみて

「あ~マスクを着けてたら、ちょうど頬のシミは隠れるんだ。ならずっとマスク社会でもいいな。」

と思ったと同時にひらめいたんです。

「そうだ、マスク社会の間に何とかシミ取り自分でやってみよう!」

最初に試したのは「苛性ソーダ」。でも失敗したら余計ひどくなるかも、、、と恐る恐る。

ピーリングという皮をむくということになるんですが、徐々に徐々にやってはいたものの、痛い(泣)

何回かがまんして、とうとうペロッと薄いかさぶたになった皮がむけました!

効果は「薄くはなったな」でした。

この痛みと効果を天秤にかけたら、続けたくないなと思ったら、あっという間にもとに戻りました。

なので、「仕方ないもうお金をしっかりかけよう」とは思ったものの、

レーザーって高いんですよね。

ネットの高額化粧品もやっぱり信用できなくて買えない。

で、近所でまあまあ評判の皮膚科に行きました。

「先生、シミは病気じゃないけど消せませんか?私そんなにお金に余裕がないから、美容外科とか行けないし、、、」と

恥を忍んで相談しました。

すると、「はい、消せますよ。時間かかるけど」と、さらっと解答していただけました。

ポラッシュを辛口評価!実際に使用した効果と私の口コミ!

皮膚科でのシミ消しはまず病的なものかどうかの判断をして、それから処置の方法を決めるんですね。

一言でシ「シミ」と言っても、皮膚がんの可能性や、角質硬化症、色素沈着など、いろいろ種類があるそうです。

私は大きく3か所くらいあったのですが、一つは病的なものかの判断に、塗り薬(炎症止め)で一週間様子見。

あと1つははその場で液体窒素で焼きました。最後の1つは順番に焼くとのこと。

幸い病的なものはなく、1週間後に焼くことができ、2週間たってペロッとはがれ、もう一度焼いて2週間。

そして塗り薬を縫って1週間。

そしたらそしたら、、。

いやいや、消えましたよ!ほんと消えました!

今でも塗り薬で完全にきれいに消せるまで2週間ごとに通院しますが、なんと保険適用!

塗り薬は「ハイドロキノン」と保湿剤と炎症止めを混ぜたものを作っていただきます。

そしてビタミンCの飲み薬。

やっぱり病院行くべきですね。なんでも恥を忍んでも相談するべきです。

マスクをするおかげで、焼いた後の絆創膏や、少し赤い時期も難なく乗り越えられたので、

シミを取るなら、そう、今なんですよ!

おうち時間がながい今、さくっと皮膚科に行ってみよう!