凄いパワーをもつパロチン!女性のお悩みを解決若返り法!

よく噛むことは、ダイエット効果があると言われているのが有名です。さらに、よく噛むことで顔の筋肉を使うため、お肌のタルミ効果やシミ・シワに効果があるとされ、それだけではなく、髪などが綺麗になる美容効果もあります。

これらの効果が期待できるパロチンは、唾液に含まれるホルモンです。

モイスポイントの口コミと効果を暴露!

パロチンは、若返りホルモンとも呼ばれています。天然の美容液??と言います。たくさんの効果が期待できます。

パロチンによって新陳代謝が高まり、お肌や髪の毛が若々しく保つこともできます。そして、もちろんダイエットにも繋がります。

お肌の新陳代謝が活発になることで、シミやシワといったお肌の老化現象を防ぐこともあります。

また、壊れた組織を修復する効果もあるため、傷口もナメれば良くなるのが早いのも、パロチン効果??実は、白内障や更年期障害の治療薬としても使われているだけとても優秀です。

さらには、消化の働きも助け、腸内環境がよくなると血流もサラサラになります。

しかも歯や骨の再石灰化も促進する働きがあります。更年期になると、骨粗しょう症が気になる女性にはぜひ頼りたいホルモンですね。

?

唾液は、耳下腺、舌下腺、顎下腺から分泌されていますが、成分はほとんど同じです。

しかし、耳下腺から分泌される唾液にだけパロチンという物質は含まれているのです。

唾液の分泌をよくするために、耳の下にある耳下腺という部分を指で上に軽く押すと唾液も出やすくなり、全身に血流が流れやすくなります。

パロチンが多く分泌される年齢としては、20歳半ばまでと言われています。

残念ながら、年齢を重ねるにつれて減少していきます。

パロチンを分泌を多くさせる方法とは?

シンプルに食べ物をよく噛んで食べることですが、噛むということは一番大切です。

ひと口につき30回程を目安に噛むように心掛けましょう。噛み方が重要になります。片側だけの歯で噛むことによって、顔のバランスが崩れてしいます。それだけではなく、頭のハチが歪むことで、骨盤が開きやすいため、必ず両方の歯を使って噛むことが大切です。そのことで、腸の働きも良くなり脳までの血流も良くなりますので、満腹中枢が働きやすく、ダイエット効果にも繋がりますね。ガムを噛むことも、オススメです。

バランス良く噛むようにすることで、唾液が左右から出るため、パロチンの分泌を増やせます。

顔の筋肉強化でたるみ解消法

バランスよく両方の奥歯でよく噛むことで、口や顎の周りの筋肉が鍛えられ、たるみが解消します。顏の筋肉の70%は口のまわりに存在しているのをご存知でしょうか。噛めば噛むほど顏全体の筋肉が鍛えられてシミやシワだけではなく、小顔にもなれます。

パロチンを増やす方法

①良く噛む

食事の時には飲み込む前に30回以上噛む

顔の筋肉の大半は口の周辺にあるため、噛むことがすべての筋肉を使います。

そのために、ガムを噛むのは効率的です。

ガムを噛むと、顔の筋肉が引き締まりタルミがなくなり、シワの予防にも効果的。

②耳下腺のマッサージ

耳の回りは三半規管があるため、耳下腺を軽く押し上げるようにマッサージがオススメです。

力が入らない方は耳を掴み大きく円を描くように回します。それだけでも耳が暖かくなりますので、血流が良くなり唾液腺に刺激を与えられます。

③ストレスをためない。

ストレスは色々ありますが、薬なども身体に負荷をかけるためストレスになります。

パロチンの効果は、シミやシワ、たるみだけではなく、他にも効果があります。

①皮膚や粘膜、毛髪の再生⇒美肌と発毛

②歯や骨の強化

③白内障や更年期障害

これが期待できます。